マレーシアにおけるマレー語翻訳サービス

言語名: マレー語

別称: バハサマレーシア、バハサムラユ、マレーシア語

言語的変種: マレー語は広義には、マレーシアとインドネシアの辺境の地で発展した密接に関係する言語のグループを指します。マレー語には、標準マレー語(マレーシアおよびインドネシア)、バカンマレー語、ベンクルー、ベラウマレー語、ココス島マレー語、ジャンビマレー語、ケダマレー語、コタバングンクタイマレー語、ロンチォグ語、パッターニマレー語、ケランタンマレー語、サバマレー語、トレンガヌマレー語、テンガロンクタイマレー語、およびケダ/ブキットマレー語が含まれます。

文字: ラテン文字

マレー語を公用語とする国や地域: マレーシア、ブルネイ、インドネシア(インドネシア語)、シンガポール

マレー語が使用されている国や地域: ブルネイ、インドネシア(インドネシア語として)、マレーシア(マレーシア語として)、シンガポール、タイ、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、スリランカ、東チモール(インドネシア語として)、ココス島、クリスマス島

使用人口: 1億8,000万人(インドネシア語はマレー語の一形態であり、マレー語の使用人口の90%がインドネシア人)

ISOコード: ms、may

注記:マレー語はインドで話されるマラヤーラム語と混同されることがよくあります。