南アジア言語の翻訳サービス

南アジアには、100を超える言語が存在します。インドで話される言語の大半は、インド・ヨーロッパ語族、ドラヴィダ語族、

またはチベット・ビルマ語派に属します。南アジアで使用されている約3分の1の言語に、それぞれ100万人の話者がいます。以下は、南アジアの主要言語です。お探しの言語が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

ベンガル語

ベンガル語は、主に東インド亜大陸で使用されているインド・アーリア語派に属する言語です。マーガディー語とサンスクリットから派生した言語で、インドでは2番目に話者の多い言語です。今日、ベンガル語はバングラデシュからインドの西ベンガル州、アッサム州、トリプラ州にかけて 使用されています。ベンガル語は世界で最も多く話されている言語の1つで、世界に約2億3,000万人の話者がいます。

ベンガル語翻訳サービスの詳細…

ダリー語

インド・イラン語派のイラン語群に属するダリー語はアフガン・ペルシア語とも呼ばれ、現代ペルシア語における主要な方言の1つです。アフガニスタンの公用語で、話者はおよそ500万人と推定され、同国における主なコミュニケーション手段として使用されています。

ダリー語翻訳サービスの詳細…

グジャラート語

インドのグジャラート州の公用語で、サンスクリットから派生した古代グジャラート語の流れをくむ言語です。インド国内に約5,460万人(インド人口の4.5%)の話者がいると推定されいます。世界で6,550万人の話者がいると推定され、世界で26番目に話者の多い言語とされています。

グジャラート語翻訳サービスの詳細…

ヒンディー語

「ヒンディー」という名称は、11世紀にパンジャーブ地域に攻め入ったチュルク語を話すペルシア人によって命名されました。 ヒンディーとは「インダス川の土地の言語」という意味です。ヒンディー語を第一言語とする人の数はおよそ4億2,500万人で、第二言語としては1億2,000万の話者がいます。

ヒンディー語翻訳サービスの詳細…

カンナダ語

カンナダ語の話者は世界に約3,500万人おり、世界で27番目に話者の多い言語とされています。インドの公用語の1つで、インドのカンナダ州の公用語であり、同州の行政で使用されています。

カンナダ語翻訳サービスの詳細…

カシミール語

インドのカシミール渓谷で主に話される言語で、ダルド語群に属します。2001年の国勢調査によると、インド国内に約550万人の話者がいます。

カシミール語翻訳サービスの詳細…

マラヤーラム語

マラヤーラム語に翻訳する際は、口語体か文語体か、対象地域、カースト制、宗教によって言語が変化することを考慮する必要があります。SEATONGUEでは、これらを考慮した翻訳サービスを提供いたします。

マラヤーラム語翻訳サービスの詳細…

SEATONGUEが選ばれる理由

お客様から依頼を受けると、SEATONGUEではまずお客様担当のプロジェクトマネージャーを割り当てます。プロジェクトマネージャーは、お客様のビジネス目標やビジョンを理解し、適切なリソースを厳正に選定して納品まで管理し、質の高い柔軟なサービスを提供します。ローカライズはSEATONGUEの核となるサービスですが、SEATONGUEは対象言語を公用語とする国に在住している翻訳者を使い、現地のエキスパートによる質の高い翻訳サービスを提供しています。

SEATONGUEへのご依頼

SEATONGUEのご利用を検討されている方は、こちらの当社Webサイトにてご希望の南アジア言語翻訳サービスの概要をご記入ください。当社のプロジェクトマネージャーからご連絡させていただきます。当社では、初期段階でお客様のご要望を理解することで、お客様のあらゆるニーズに応える、信頼性の高い高品質のサービスを提供しています。