Asian Translation Process

SEAtongueでは、社内システムがスムーズに稼働し、お客様にご満足いただけるサービスを提供できる作業プロセスを実行できる環境作りに励んでいます。また、業界の品質管理基準への準拠や今後の合理化に向けて、システムとプロセスの改善に尽力しています。お客様の目にはアジア言語の翻訳サービスがとてもシンプルに映るかもしれませんが、それは当社のプロセスが非常にうまく機能しているからです。個人のお客様でも、法人のお客様でも、お客様のあらゆる翻訳のニーズに応えるソリューションを競争力のある価格で提供いたします。

お客様中心のプロセス

長年翻訳業界に携わってきた経験を基に、SEAtongueでは、次のようなサービスを提供できる翻訳プロセスを構築してきました。

  • それぞれのお客様のニーズに合わせてカスタマイズしたサービス。
  • 多様なアジア言語に対応したサービス。
  • 文化や業界、ジャンルに精通した翻訳者によるローカリゼーションサービス。
  • 世界中のほぼすべての業種、専門性に優れたサービス。
  • DTP、言語学、エンジニアリング、ソフトウェアなどのあらゆる形態の翻訳サービス。

 お客様からお問い合わせをいただくと、まず始めに高度な訓練を受けたプロジェクトマネージャーがお客様のプロジェクトの詳細についてお話を伺い、お客様のビジネス目標やビジョンを理解します。そしてその情報をプロジェクトに携わるチーム(DTP、翻訳、エンジニアリングチームなど)と共有します。プロジェクトマネージャーはお客様のプロジェクトに責任を持って対応し、開始から納品に至るまで、すべてのプロセスを当社独自のERPシステムを通じて管理します。実際に作業を開始する前の準備段階で、プロジェクトマネージャーはプロジェクトに必要なリソース(研修レベル、経験数、専門など)と作業内容(DTP、テスティングが必要かどうかなど)を判断します。

翻訳プロセスには主に次の3つの段階があります。

  • 翻訳作業前
  • プロジェクトマネージャー(PM)、リソースマネージャー(VM)、および各言語の言語リーダー(LM)が連携してプロジェクト内容を吟味し、最適な翻訳者の選定を行います。
  • 翻訳作業中
  • 翻訳者からの質問への対応、校正作業、および品質管理ツールを活用した品質チェックなど が含まれます。最高品質を確保するため、エラーレポートを作成し、担当者はエラーに指定された個所を見直します。
  • 翻訳作業後
  • 四半期毎にエラーレポートをまとめて、分析を行ないます。結果に応じて、担当者は追加訓練を受ける場合もあります。私たちにとって最も重要なお客様からのフィードバックが届くのもこの段階です。お客様からのフィードバックに基づいて予防対策を検討し、今後のプロセスに取り入れます。